米国はトルコへのF-35戦闘機に関連する部品の輸出を停止した

F-35ステルス戦闘機に関連する機器の輸出停止

これは、ワシントンがNATO同盟国へのステルス戦闘機の輸出を阻止するためにとった最初の具体的なステップであることを示しています。

ペンタゴンのスポークスマンはこう述べていました。

「米国はトルコによるロシア製S-400の購入は受け入れられない。F-35に関連する部品の輸入再開を確保するためにはS-400の購入を止めることである。」

トルコのエルドアン大統領は最近の地方統一選挙でロシアのS-400防空ミサイルシステムの購入を止めることはないと主張した。

米国当局は購入に反対しF-35戦闘機をトルコに引き渡すことはできないと述べた。

トルコは2019年の夏にロシア製防空ミサイルS-400を受け取る予定。そしてそれが年末までに稼働する予定だ。

トルコの外務大臣はワシントンでのNATOサミットに参加しNATOの70周年を祝う予定とのこと。

F-35ステルス戦闘機の輸入停止に関するニュースはトルコとNATOの間の非常に複雑な関係であることは皆が知っている事実であるが、新たな緊張の原因となるだろう。

NATO同盟国におけるトルコの立場については国際会議で数ヶ月議論が続いているが、トルコ当局はNATOからの脱却の可能性についてまだ議論していない。

トルコ首都のアンカラがロシア製S-400システムの購入を進めることを決定した場合、NATO内でのトルコの地位は格下げされる可能性が高い。

ロイター通信によると、米当局者は近いうちにトルコに対し、F-35ステルス戦闘機の到着に備えて必要な設備の追加出荷はない予定であると述べている。

トルコはF-35の生産に必要ではない

米国の1兆5000億ドル規模のF-35戦闘機計画からNATO加盟国であるトルコを除外することは困難だが不可能ではないとロイター通信は報じました。

先週、ワシントンはトルコへのF-35戦闘機の配置準備を凍結する可能性があると述べ、これは一連のアメリカ・トルコ間における意見の不一致であり、両国間の争いに繋がる出来事なのです。

NATO同盟国はF-35戦闘機のレーダーが将来的にロシアのS-400ミサイルを回避することができなくなる可能性があると言われ、これがとても問題なのです。

未だにトルコはS-400の購入を取り消す意欲を示しておりません。そのため、F-35ステルス戦闘機の本体、着陸装置、操縦席ディスプレイの一部となる機器をトルコで製造するのを辞めさせる必要があり、アメリカが他の製造国を探さなくてはならなくなるのです。

F-35戦闘機の製造プロセスに精通しているトルコは不可欠な役割を果たしていたが、アメリカはトルコ以外でも製造は可能だと述べました。

トルコがF-35戦闘機用に製造している部品は約800個あり、そのサプライヤーは非常に少なく希少だ」と、トルコの製造関係者は説明しています。

トルコ製のF-35戦闘機のいくつかの部品は簡単に交換することができるのです。F-35戦闘機の胴体は米国ノースロップ・グラマン社で作ることができるかもしれませんし、既にカリフォルニアで作る準備が進められているとロイター通信は報じていました。