トルコリラのスワップポイントが毎月30万円入ってきてもそれだけではまだ生活することができません

今はスワップポイントを貯めてロスカットレートを下げることに専念

結論ファーストで失礼しました。

トルコリラに投資し始めたのが17年10月。翌年18年8月にトルコショックが起きて両建てして生き延びました。しかしその後の激しい上げ下げで両建てを失敗して往復ビンタを受け貯めたスワップポイントの約400万円を失うことになりました。

それから18年12月に1リラ21円に差し掛かろうとしていたので両建てを解除して、スワップポイント0円の状態から再びスワップポイントの貯蓄を始めました。その後、19年1月からまたリラは下げ続けることになるのですけどね。。。

上述した通り、私は1度貯めたスワップポイントを失っているので、純粋に貯めることができているスワップポイントは18年12月から今現在に至る19年9月までです。

現在のスワップポイントは3,867,320円。

レバレッジは3.6倍。

証拠金維持率は694.14%

この通り、トルコショックが再び起きたら両建てしないと死んでしまう水準なのです。まだまだスワップポイントは貯め続けなくてはなりません。少なくとも800%台にしたい。そうしないと安心してスワップポイントを引き出して生活費の足しにすることができないのです。つまりまだトルコリラのスワップポイントで生活できる水準に達していないのです。

スワップポイントだけで生活できても会社員は辞めません

1ロット58円のスワップポイントでも月30万円。税金を差し引くと24万円前後。会社員辞めるとあまり良い暮らしができません。

そのため会社員続けながらスワップポイントだけで家賃20万円、1LDK40平米台の都心のマンションに住むのが今の目標です。

会社員としての給料でタクシー通勤をして満員電車からのストレスから開放され毎日美味しいランチを食べて仕事に励むのです。

美味しいお酒と美味しいご飯で人生を豊かにしましょう。トルコリラのスワップポイントで。

どうかトルコのエルドアン馬鹿大統領、アメリカやEUと仲良くやってください。。。

今日もスワップポイントを貯めてロスカットレートを下げることに勤しみましょう。