経済が低迷しているトルコにもデザイン性に富んだ超高層ビルは沢山あります!

意外に知られていないトルコの高層ビルはヨーロッパの中でも先進的な超高層ビルの宝庫なのです!

日本で一番の高層ビルは「あべのハルカス」で60階建ての300メートル。

では、トルコの中で一番の超高層ビルは何かおわかりですか?

1位:Skyland Istanbul

Skyland Istanbul(スカイランド・イスタンブール)
Skyland Istanbul(オフィス棟と居住棟の2棟)
高さ 284メートル
階数 65階
開業年 2017年
場所 イスタンブール:サルイエル
(ヨーロッパ側)

トルコで一番背の高い高層ビルは「Skyland Istanbul(スカイランド・イスタンブール)」です!高さは284メートルの65階建てで、2017年に開業しました。しかもそれは居住棟とオフィスが2棟連なっているのですから壮観なのです。ちなみにSkyland Office Istanbulの隣はトルコサッカーで活躍中の長友佑都選手が所属しているガラタサライチームの本拠地であるトルコテレコムアリーナがあります。

2位:Metropol İstanbul

Metropol İstanbul(メトロポール・イスタンブール)
Metropol İstanbul(メトロポール イスタンブール)
高さ 280メートル
階数 58階
開業年 2017年
場所 イスタンブール:アタシェヒル
(アナトリア側)

メトロポールイスタンブールは、イスタンブール国際金融センターに近く、世界の金融市場で働くにはうってつけの場所です。世界の中心を感じることができ、ハイエンドオフィスを提供しています。 レジデンスには、55階に5つのペントハウスアパートメントがあります。そのうちの3つは、500平方メートル以上の使用面積を持ち、贅沢な生活を提供することができます。

3位:Sapphire of Istanbul

Sapphire of Istanbul(サファイア・イスタンブール)
Sapphire of Istanbul(サファイア イスタンブール)
高さ 261メートル
階数 66階
開業年 2011年
場所 イスタンブール:キャーウトハーネ
(ヨーロッパ側)

サファイアイスタンブールのプロジェクトは2006年に始まり、2010年に完了しました。建物の開会式は2011年3月4日に行われました。11,339㎡の土地に建設され、総建築面積は157,800㎡。うち、35,000㎡のショッピングモールがあります。2019年現在、イスタンブールサファイアは、アタシェヒル地区のメトロポールイスタンブールタワーに次いで、イスタンブールとトルコで4番目に高い超高層ビルです。

 

4位:ISTANBUL TOWER 205

ISTANBUL TOWER 205(イスタンブールタワー205)
高さ 228メートル
階数 61階
開業年 2018年
場所 イスタンブール:シシュリ
(ヨーロッパ側)

イスタンブールの金融の中心地であるレベントストリートに建つイスタンブールタワー205は、ヨーロッパプロパティアワード2018-2019を受賞しました。高さ220メートルのこの建物は、ティカリの「オフィス用の超高層ビル」賞と「オフィス開発」賞の2つの賞を受賞しました。

イスタンブールでのビジネスおよび金融センターであるレベントストリートにあるイスタンブールタワー205は世界で権威のある建築家であるSOMによって設計されました。

このレベントストリートはサファイアイスタンブールとQNBFinansbankタワーとLevent199が並んでそびえ立っています。そこにこのイスタンブールタワー205が2018年に竣工した訳ですからトルコのイスタンブールもしっかりと近未来化しているのが分かりますね。このイスタンブールタワー205は内部に柱が存在しないためワンフロア吹き抜けの構造になっているようです。物凄く見晴らしが良さそうですね。行ってみたいものです。

余談ですが、2018年はトルコショックの起きた年なのでドル建てで建設しているはずなので返済額がドル建てベースでトルコリラの価値が激的に下がってしまったので返済がとても大変そうです。

5位:Mistral Office Tower

Mistral Office Tower(ミストラルタワー)
Mistral Office Tower
高さ 216メートル
階数 48階
開業年 2017年
場所 イズミル
(アナトリア側)

イズミル地方の超高層ビルブームが始まったのは2010年。その直後にプロジェクトが始まり、2014年に建設が開始され、2017年に完成しました。イズミールのコナック地区北東端に位置し、現在イズミールで最も高い建物です。青いガラス張りのタワーがオフィス棟で、手前の白い建物が居住棟の複合施設です。

6位:Maslak Spine Tower

Maslak Spine Tower(マスラクスパインタワー)Maslak Spine Tower(マスラクスパインタワー)
Maslak Spine Tower
高さ 202メートル
階数 51階
開業年 2013年
場所 イスタンブール:マスラク
(ヨーロッパ側)

スパインタワーと呼びます。日本で言うところの六本木ヒルズと似た巨大な複合施設です。中心に建つスパインタワーは居住棟も兼ねており、高層階には全面ガラス張りのプールエリアのフィットネスジムもあります。トルコで勝ち組とされる人種が住んでいるのでしょうね。

7位:Folkart Towers

Folkart Towers(フォルカートタワーズ)
Folkart Towers(フォークアートタワーズ)
高さ 200メートル
階数 46階
開業年 2014年
場所 イズミル
(アナトリア側)

47階建てのツインタワーです。2014年から2017年にかけてイズミルで最も高い建物でしたが、Mistral Office Tower(ミストラルオフィスタワー)が完成するとイズミルでの一番の座を譲り渡しました。トルコ最大のアートギャラリーがタワーの中にあるようです。ギャラリーの面積は800㎡と最大級の広さ。

トルコにはトランプタワーがある!

トルコの高層ビル7位まで紹介しました。7位のFolkart Towersまでが200メートル超えのビルです。

東京駅真上のリクルート本社が入っているグランサウストウキョウが同じ200メートルの建物になります。渋谷ヒカリエ、Googleが入っている渋谷ストリームは180メートルです。世界でも経済都市といわれる東京の代表的なビルでさえ200メートルを超えているのはあまりありません。

ここで一つ面白い建物を紹介します。アメリカのトランプ大統領とトルコのエルドアン大統領が揉めたことで18年8月に世界経済を揺るがすトルコショックが起きました。そのトランプ大統領とライセンス契約をして建てられたトランプタワーがトルコにあるのです!

Trump Towers Istanbul

Trump Towers Istanbul(トランプタワー・イスタンブール)
Trump Towers Istanbul(トランプタワーズ イスタンブール)
高さ 155メートル
階数 39階
開業年 2010年
場所 イスタンブール:シシュリ
(ヨーロッパ側)

これはヨーロッパで最初に建てられたトランプタワーです。トルコのイスタンブール、シシュリにあり2つの塔から成り立ちます。

1つはオフィスタワーで、もう1つは200を超える住宅で構成される住宅用のタワーです。この複合施設には約80のテナントとシネマコンプレックスとショッピングモールがあります。

不動産開発者はトルコで億万長者のAydınDoğanであり、米国大統領のドナルドトランプとライセンス提携しています。この複合施設はイスタンブールで有名です。ヨーロッパと中東に拠点を置く多くの企業がこの複合施設にオフィスを構えているのです。

住宅用タワーにはトルコで唯一の16,800本のワインセラーがあります。ワインセラーはFocus Wine Cellarsが作りました。

入居する主なテナントにイラン生まれのビジネスマンであり、ザラブ審理中のレザ・ザラブ(Reza Zarrab)が居ることで有名です。

イラン経済制裁違反をしたザラブ審理とは?トルコリラへの影響は?

2018-02-08

Levent 199 (Zorlu Levent Tower)

Levent 199(ゾルル・レヴェントタワー)
Levent 199(ゾルル財閥のZorlu Levent Tower)
高さ 170メートル
階数 42階
開業年 2014年
場所 イスタンブール:シシュリ
(ヨーロッパ側)

ゾルル財閥(ゾルルざいばつ、Zorlu Grubu)は、家電企業ヴェステルを買収以後、急激に成長したトルコの新興財閥です。

現在のグループ持ち株会社クサジャ・ゾルル・ホールディング(Kısaca Zorlu Holding)会長はアフメット・ゾルル(Ahmet Zorlu)。

ゾルル財閥の主な事業は金融のデニズバンク(Deniz Bank:銀行)、エネルギー部門の(Zorlu Enerji)、家電・エレクトロニクス部門のヴェステル(Vestel)、繊維部門のコルテクス(Korteks)など。近年では、ロシア企業と共同で国営石油会(TÜPRAŞ:Türkiye Petrol Rafinerileri A.Ş.)を買収したが、労働者からの提訴で計画は頓挫しているようです。

QNB Finansbankタワー(Soyak Kristal Kule)

QNB Finansbankタワー
QNB Finansbankタワー(QNBFinansbankの本社ビル)
高さ 168メートル
階数 35階
開業年 2014年
場所 イスタンブール:シシュリ
(ヨーロッパ側)

クリスタル型の塔にちなんで名付けられたソヤッククリスタルタワープロジェクトは世界的に有名な建築家ヘンリーコブによって設計されました。ニューヨークのPCF&Pに属し、欧州の2017年商業用高層建築賞ではビジネスタワーカテゴリでプロジェクト賞を受賞しました。

トルコの金融企業であるQNB Finansbankが2014年にトルコのSoyak Groupの子会社であるKoru Property Investmentsから3億300万ドルで買い取ったようです。その後、タワーの名称はSoyak Kristal KuleからQNB Finansbankタワーに変更されました。ガラスで覆われた非対称の構造で切子の形をしたシルエットがとても印象的なタワーです。

すぐ隣にはイスタンブールサファイアもありこのレヴェントという地区はトルコの経済を支える大都市の象徴ともいえます。

QNBFinansbankの2019年第2四半期の純利益は10億280万トルコリラでした。

総資産は1,710億2300万トルコリラ、顧客預金は910億695トルコリラ。

2019年6月30日現在、支店の総数は543店舗で、従業員の総数は12,350人居ます。

トルコの高層ビル化はトルコの経済発展を物語っている!

ここまでトルコの代表的な高層ビルを紹介してきました。

2018年にトルコショックが起きてトルコリラは暴落しました。トルコの経済発展は終わったとも言われていきました。

しかし、それは本当でしょうか?トルコに行ったことのない人達が勝手に売り推奨して儲けようとしているだけかもしれません。

2010年代後半にかけてトルコは様々な高層ビルを建ててヨーロッパで存在感を示すように経済発展を遂げてきたことは確かです。

トルコリラが下落した要因はトルコの経済に展望が無いからではありません。トルコは8000万人の国民が居て平均年齢も30歳代と信じられないくらいに若いです。

このポテンシャルをどう活かすかで今後のトルコという国の運命が決まっていくのかと考えます。

トルコのエルドアン大統領が存在する限り、このポテンシャルを活かすことは無理かもしれませんが。苦笑

今日も粛々とスワップポイントを貯めてロスカットレートを下げることに勤しみましょう。